習慣的なコーヒー等摂取と尿失禁リスクとの関連の文献レビュー コーヒーに含まれるカフェインは末梢血管の拡張によって腎血流量の増加し糸球体 ろ過能の亢進することにより利尿作用を有する 16-18 カフェインが泌尿器系機能に影響. 2020-12-08 コーヒーの消費量と慢性腎臓病の関係に関して4つの観察研究論文から14898人のデータを大規模解析した結果コーヒーを1日1杯以上飲む人がコーヒーを全く飲まない人に比べて慢性腎臓病になるリスクは07195信頼区間は047-108であり コーヒーは腎機能を低下させないむしろ腎臓を守る傾向があるかもしれない. 生理前のイライラをストップ 原因と対処方法 生理前 生理 食べ物 生理 この答えは腎臓の弱り具合によって変わってきます おおよそ 腎臓の濾過能力が45程度以下 進行ステージが3以上 の方はコーヒーはあまり良くありません. 腎臓 […]